結婚相談所の婚活・交際~基本編~③『プロフィール作成(PR文編)』

あなた史上、最高の幸せを...わたしたちは1人でも多くの人へ届けたい 




初めての方へ / 魅力UPプロデュース例 / 


会員データ / プラン・料金 / 無料相談


「"スタートから"変わるから、婚活がうまくいく確率がUP!」
あなたの魅力を伝えるプロデュースが得意な結婚相談所『Dear Bride Tokyo(ディアブライド東京)』


□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□


今回は、以前お伝えした『結婚相談所の婚活・交際~基本編~』の『プロフィール作成(写真編)』の続きの内容です。


三回目となる今回は、『プロフィール作成(PR文編)』の内容についてお伝えしていきます。

dear-bride-tokyo-heart-green.jpg

なぜ、プロフィールのPR文の話をお伝えするかというと、婚活を成功させGOALへと向かうためには、プロフィール写真と同じぐらいPR文が重要になってくるからです。


このPR文を見て「良さそうな人だな」「一度会ってみたいな」などのプラスの印象を持っていただけるかどうかが大きく左右してきます。


逆に「性格キツそうだな」「気難しそうだな」「書いてる情報が少なすぎて良く分からないな」などのマイナスな印象を持たれてしまうと、あなたが実際はどんなに良い人で良いプロフィール写真も準備できたとしても、どうしてもお見合いが成立しにくくなってしまいます。


この最初の段階で失敗したり間違ってしまうと、ここから先どんなに婚活をどれだけ頑張ってもうまくいかなくなってしまう可能性もあります。

PR文ではどんな内容が良くてどんな内容だと良くないのか?失敗してしまわないようにするために、まず初めに基本的なPR分の内容からお伝えしていきます。


プロフィールのPR文の基本

先ずはPR文の基本的な内容の流れからお伝えしていきます。


≪女性の場合≫

1.挨拶

2.子供の頃の話、どんな育ち方をした?

3.性格

4.趣味

5.休日の過ごし方

6.仕事

7.どんな家庭を築きたいか?結婚観、将来の話

8.お相手に望むこと

9.最後に一言メッセージ





≪男性の場合≫



1.挨拶

2.子供の頃の話、どんな育ち方をした?

3.性格

4.仕事

5.趣味

6.休日の過ごし方

7.どんな家庭を築きたいか?結婚観、将来の話

8.お相手に望むこと

9.最後に一言メッセージ

基本的な項目は男女ともに一緒で構いません。ただし、女性の場合は仕事のことを少し後半、男性の方が少し前半にした方がお相手に与える印象は、それぞれ女性らしい・男性らしいと思っていただきやすくなります。

また、女性の場合は料理に関しての内容を、必ず入れることをオススメいたします。
別にプロ級の腕前でなくて構いません。「今、勉強中です」などでもOKです。ただ、これが全く無いと男性から家庭的な印象を持ってもらえず、どうしても"結婚相手"としてのイメージを持たれづらくなります。

逆に男性で簡単なものでも料理ができる場合も、これに関して入れた方が好印象です。「家事手伝ってくれそう」というプラスの印象を持ってもらいやすくなるからです。


dear-bride-tokyo-cooking-profile.jpg



プロフィールは履歴書に似ている




プロフィールを分かりやすく例えると、就職活動の履歴書をイメージするとイメージしやすくなると思います。

お相手はあなたしか見ていない訳ではありません。人気の人の元にほど、たくさんの応募が集まります。あなたが数多くの会員の中から「どの人がいいかな?」と探したり考えたりしているのと同様に、お相手も「どの人がいいかな?」と探したり考えたりしています。

お相手から「この人が良いかも!」と思っていただくために、次はNG例OK例に分けてお伝えしていきます。


≪NG例≫

・文字数200文字未満、または1000文字以上
※あまり短いと「意欲が低そう」「どんな人か分からない」
あまり長すぎると全部読んでもらえない、「気難しそう」「こだわり強そう」
と思われる可能性が高いです。


・改行無し、改行失敗してる
※見づらいと読んでもらいづらくなります。


・情報少ない、偏ってる

・自虐、ネガティブ

・暗さを感じる

・特殊過ぎる

・真面目過ぎ

・どこかで見た定型文みたいで、情報が頭に入ってこない


≪OK例≫

・500~700文字ぐらい

・改行を使って見やすい

・先ほどの基本でお伝えした項目ごとにタイトル入れるのも
読みやすくて◎

※【趣味】〇〇~
など


・各項目バランスがいい

・明るさ、元気を感じる

・ポジティブ、前向き

・キャッチ―で印象に残る、多少のインパクトも必要



お相手への求める条件


プロフィールには『PR文』とは別に『お相手への希望』などの項目もありますが、ここでも気をつけるポイントがあります。 これは、相手希望年齢なのですが、この希望の年齢をぼやかすということです。

こう言うとちょっと聞こえが悪いですが、例えば

お相手への希望年齢:35歳~45歳

より

お相手への希望年齢:30代~40代中盤ぐらい

にした方が良いということです。

何故かというと、例えば私は38歳ですが、もし「この人いいな!」と思った人がいたとして、その人の相手希望年齢が「~35歳まで」だった場合、例えお申込みは可能と言われても、ちょっと気が引けてしまいます。

本当にどうしても35歳までじゃないと無理、絶対イヤであれば仕方ないのですが、
「いい人だったら多少の前後はOK」なのであれば、はっきりと数字で区切ってしまわずに『代』『前半』『中盤』『後半』『ぐらい』などの言葉を使うことをオススメします。
これだけでも、お相手からのお申込みの数に差が出ますし印象も良くなります。


例えばの話ですが、「40代にしか見えない30代より30代に見える40代の方がいいな。」と考える人もいると思います。そうすると、この年齢のところはあまり限定し過ぎない方が様々な点でプラスに働くと思います。



dear-bride-tokyo-red-yarn.jpg

趣味に関して

プロフィールには『趣味』の欄もあります。たまに「私、趣味無いんです。空欄でもいいですか?」という方がいますが、当たり前ですが良くはありません。

それは何故かというと、『趣味』や『フリーワード』でお相手検索する方もいるので、空欄だと検索に引っかからなかったり、良い印象を持ってもらいづらくなってしまい、お見合いの申し込みの数が少なる可能性があります。
趣味が同じというだけで人は親近感を持つものです。

また、お見合いの時の話になりますが、趣味は最初の話題にしやすいので趣味が空欄だと人によっては話題に困ることも出てくると思います。


折角なのでこれから新しく趣味を作る!というのでもいいですが、その前に意外と自分が趣味だと思っていなかっただけで趣味といえるものは実は多いです。以前まとめたものがありますのでご覧ください。

プロフィールの趣味一覧について




何度でも変えられる




こういったことを色々お伝えしていくと、『大変そう』『面倒くさい』という思いが先行してしまい、「ちゃんと書けるか自信がない」「文章が苦手」と思ってしまう人もいるかもしれませんが心配いりません。

PR文に関しては大事なポイントだと考えていますので、Dear Bride TokyoではPR文を会員様で一人で考えてもらってそのまま載せるのではなく、魅力を最大限に表現できるように、プロフィールを一緒に考えて作成しますので安心して下さい!

しかも、PR文などは何回でも変更可能です。担当アドバイザーが変更が必要だと感じたり会員様が変えたいと感じたら何度でも変更が可能です。



プロフィール・PR文の注意点


一番大事なことですが、嘘や虚偽の内容、度を越した誇張表現は基本的にNGです。 これは例え嘘の内容があるプロフィールでお見合いが成立して、その後交際に進んだとしても、お相手のお気持ちは?...と考えていただければ分かっていただけると思います。 自分目線の考えを相手目線の考えに変えられないうちは、成功は難しいです。 また、プロフィールに嘘が無いことというのは、結婚相談所が他の婚活サービスと比べて安心して利用できる理由の一つです。


自慢に聞こえてしまうような内容も、例えそれが本当であったとしても、嫌悪感を感じる人がいるかもしれないので、自分のPR文に載せるのは避けた方がいいと思います。高飛車で自慢話多そうだなと連想されてしまいます。

どうしてもアピールしたいことや、客観的にみてアピールできると感じたことなどは、
本人のPR文ではなく、担当アドバイザーからの紹介文にうまく入れますので安心していただいて大丈夫です(笑)



Dear Bride TokyoでPR文を作成するメリット


DSC_0035.JPG

あなたが色んな人のプロフィールのPR文を見て「どの人がいいかな?」と考えるのと同様にお相手も色んな人のプロフィールを見て「どの人がいいかな?」と考えています。

ですが、実際に他の結婚相談所で婚活をしている人でも、私が見て「このPR文じゃ婚活がうまくいくのは難しいだろうな」と感じてしまうPR文のまま婚活を続けて失敗し迷走している人は多数いらっしゃいます。


先ほども言いましたが、これは就活での書類選考に非常によく似ています。
私たちDear Bride Tokyoのアドバイザーは、婚活のアドバイザーを始める前に数多くのアパレル販売員を育ててきた経験などもあります。


例えば、新入社員の就活の面接官などもしてまいりました。

就活においてよくある失敗例は大きく2つあり、1つは"字が汚い"、"文章が稚拙"、などクオリティが低いパターン。もう一つは"本で見た定型文みたい"、"特徴が無い"、などの理由で印象に残らないパターンです。


婚活が初めての人は前者、婚活に失敗して迷走している人は後者になっていることが多いです。


ただ、自分の魅力を自分自信で客観的に表現するというのは、誰でも難しいことだと思います。
客観的なアドバイスをしてくれる専門家が自分の担当につくことは結婚相談所のメリットの一つだと思います。

安心して任せていただければ一緒に最高のプロフィールを作成して、運命の人に早く出会えるようにサポートいたします!


ぜひ一度、お気軽に無料相談にいらして下さい。
お待ちしています♬

第四回目の次回は、プロフィールが完成したので次は婚活がスタートということで『婚活スタート~お見合い成立』。婚活がスムーズにいき、お見合い成立につながるように婚活が始まってからの気をつけるポイントや注意点などをお伝えします。


よろしくお願いいたします。

□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□

■CONTACT

●お気軽に無料相談へいらして下さいね♬

無料相談のネット予約
無料相談の電話予約
TEL:03-5708-5807

■Dear Bride Tokyo(ディアブライド東京)

●LINE@友だち追加
友だち追加


●amebaブログも更新しています



amebaブログはこちら





初めての方へ / 魅力UPプロデュース例 / 


会員データ / プラン・料金 / 無料相談

お問い合わせフォーム

Tel:連絡先:03-5708-5807


PageTop