40歳女性

活動期間
7ヶ月
交際期間
5ヶ月
お相手
41歳男性

~担当レポート~

ご成婚おめでとうございます!
また素敵な成婚レポートありがとうございます!!
写真はお顔に加工してありますが、皆さんにお見せできないのが残念なくらいお二人とも満面の素敵な笑顔なのです!
幸せが真正面から伝わってくるのと同時にお二人のお人柄も表れているお写真です。

彼女はデータマッチング型の結婚相談所(それは相談所?という疑問は残りますが苦)で活動をしてきましたが、上手く結ばれることなく、もっと親身に寄り添ってくれる結婚相談所を探して弊社の無料相談へと足を運ばれ、ご入会いただきました。

印象に残っているのが、入会手続きの際にプロフィール婚活に使えそうなお手持ちのお洋服のお写真を撮ってきていただいたのですが、正直に申しまして、私の想像を超えるかなり個性的なものばかり(ご本人にもそのままコメントさせていただきました笑)。
とても婚活には向かないお洋服ばかりでした。
まずは活動スタートの前に婚活の戦闘服をそろえることになり、弊社でたいへんご好評いただいているオプションサービスの「お買い物同行」へ。有楽町で集合しました。
(お買い物同行の際は、事前に、欲しいアイテムや、ご予算などヒアリングさせていただいて、お似合いになりそうなショップでお洋服をリサーチ。ピックアップして準備しています)
当日は試着して選んでいくのですが、彼女は「こんなの着たことがないけど...素敵✨」
「婚活モードで気分が上がってきました~」のコメント。
とっても素直でポジティブな性格が素敵な女性!
こういう方とお買い物同行していると、私の方が活動考えてテンションが爆上がりです笑!

活動をスタートさせた彼女。
やはり随所にポジティブな面が。
毎回のデートの振り返りでは、いつも正直な気持ちや感謝の気持ち、ポジティブな言葉ばかりが満載で、とても素敵なお人柄がビンビン伝わってきます。

コロナ禍、しかも緊急事態宣言発令中ということもあり、真剣交際中のデートはドライブやお家デートを重ねてきました。

「お弁当を初めて作ったのですが、美味しいと言ってくれたので、自分の味を受け入れてくれて、とても嬉しかったです。今後の生活のイメージがより具体的になりました!」

「帰りは車庫入れの練習を何回も付き合ってくれました。通常より時間がかかったにも関わらず、教官のようにアドバイスをくれました。」

またあるときは
「夕ご飯は、先週釣ってきてくれた鯵で鯵フライに初挑戦しました。喜んで食べてくれたので嬉しかったです。」
「料理は私が出来る分野なので、魚の捌き方をもっとできるように頑張りたいです!」
「運転の練習に付き合ってくれたり、ご飯も残さず食べてくれるので、彼の優しさを改めて実感しました。」
違う日のデート報告は
「彼が釣りに行ったので、その時の釣果であるタコを料理して一緒に食べました。」
「初めてのタコの下処理に手こずったのもありますが、もう少し料理時間を短縮すべく頑張ります!!」
「彼は不満も言わず待っていてくれました笑」

釣り好きの知人に聞いたのですが、
さすがにタコとなると魚捌き初心者の手にはなかなか...
ということです。
ちなみに、この初挑戦のタコの下処理はYouTube動画を観ながら頑張ったのだそう!
彼のために...。
すごく一生懸命......。
彼女ステキすぎ!
そして、かわいすぎ⤴💖!!

先日お二人で相談所へお越しいただいた際に、お相手は「魚釣ってきて料理してくれるのがとても嬉しいんです!」と満面の笑顔でお話くださいました。

優しい彼と明るくお料理上手な彼女はきっと明るく温かいご家庭を築いてゆかれることと思います。

末永くお幸せに~♡

~成婚レポート~

Q1.結婚相談所に興味を持ったきっかけは?

以前データマッチング型の相談所に登録していました。相談したくても時間が限られていて相談しづらかったです。
次は親身になってくれる相談所にしようと思い、無料相談に行って決めました。

Q2.プロフィール作成や活動前の気持ちは?

プロフィールが大切だという事だったので、洋服選びからメイクまで全てお任せしました。
自分だとどうしても好みに偏ってしまうし、結果として普段とは違う、新しい自分を発見出来た事がとても新鮮でした。
その分、プロフィール文は素の自分が伝わるように意識しました。
吉田さんの紹介文を読んで盛りすぎ!と思いましたが、とても嬉しかったです。
これから始まるワクワクした気持ちと不安な気持ちが混在した気持ちでした。

Q3.活動がスタートして感じたこと、印象に残っていることは?

予想以上にお申し込み頂いたことにびっくり、次に自分からお申し込みをして全然成立しないことに二度びっくり笑。
ある程度予想はしていたものの、それ以上に楽しいだけじゃないな...というのを実感しました。この人!と思える人に本当に出会えるのだろうか?
不安と闘いながら試行錯誤の日々でした。

Q4.成婚されたお相手とのお見合いで印象的だったことは?

コロナ禍という事もあり、zoomお見合いでした。
大人しい方という印象で、間が待つだろうか...と不安でしたが一人旅の話をきっかけに徐々に話が弾んでいきました。
これまでは大人しい方は敬遠しがちでしたが、彼の場合は、慣れてくれたらもっと違う面が見えてくるのかもしれないなと思いました。

Q5お相手のどんなところが良かった?

正直、第一印象から強烈な感情があった訳ではありませんが、2回目のデートの時にふと、あまり無理していないかもと感じました。
また、初回のデート中に次いつ会えるか聞いてくれたので、自然とコンスタントに会う日が決まっていきました。

Q6.結婚の決め手になった言葉やプロポーズなどはありましたか?

真剣交際に入る前に、不安な気持ちや迷いなどを話した時に真剣に聞いてくれて、受け止めると言ってくれた事。
それまで居心地の良さを無意識に感じていたものの、自分の気持ちに真剣に向き合っていなかった事に気付きました。
その結果、自分が大切にしたい事を一緒にできる人だと実感しました。
自分の意見をゴリ押しする事なく、私のペースに合わせてくれた事に本当に感謝しています。そのお陰で自分の気持ちに迷いがなくなりました。

Q7.婚活を考えている人へのメッセージ

活動中に成婚レポートを読んでは、初対面からこの人!!なんて感じた事ないな...と落ち込んだりしていましたが、私のようにスタートに強烈な印象がなくても、少しずつお相手の良さに気付き、最後は迷いもなくこの人しかいないと思える、そんなパターンもあります。
活動中に迷ったり落ち込んだ時はいつも吉田さんに相談していました。私の気付かない所で、吉田さんに沢山支えてもらいました。私一人ではこのレポートを書く事はできなかったと思っています。
一人ではないので、辛い時期があってもとにかく諦めない事が大切だと思いました。
また、悩みながら迷いながら進んできた事が少し自分を変えてくれたと思っています。
ここまで真剣に自分の内面と向き合えた事がとてもかけがえのない経験になりました。

無料相談予約